クルーズコントロールの悩み

新型N-Box

素晴らしい中での数少ない悩み

クルーズコントロールがエラーになる

新型N-Box JF3は全てにおいて素晴らしいのですが、重箱の隅を突っつくようで申し訳ないのですが、唯一と言って良い悩みがクルーズコントロールの意味不明なエラーです。

本来はターボの特権

N-Boxのクルーズコントロールは、ターボモデルだけに装備されている素晴らしい装備で、それが使えない事が多発すると、ターボモデルを買った意味が無いってものです。

時速30kmくらい(明確には忘れました)から115kmの範囲で速度を固定して走る事が出来ます。
115kmは違反だと言わないでくださいね。東北道でも一部区間は制限速度が110km区間があるくらいで、全国的に見て将来は120km区間も出てくるでしょうから設計としては悪く無いような気がします。

ただ、私の場合は軽自動車のエンジンは100kmを越えると上り坂などではターボと言えども無理があって苦しんでいるように感じますので、速度固定は90km程度までにしています。

エラーの状況

具体的にはエラー発生のタイミングですが、クルーズコントロールで速度を設定する段階で、「長い下り坂では設定出来ません」と言うエラーが出ることがあります。

私の手元にある二台のN-Boxでの話で比較しますと、昨年末に購入した新型N-Boxでは頻繁に出る症状です。しかし今年に出たスロープ仕様(基本は同じJF3)の場合は、6000km走行した現時点まで一度も出ていないエラーですので、初期ロットだけに出るのかなあ?と気になりつつあります。

最近悪化傾向

このエラーは購入時は稀に出る症状で、その時はエンジンを一度切って入れ直すと治ることもあるのですが、最近になって一度出ると、エンジンのオンオフでは改善しないし、頻繁に出るようになって来ました。

メーカー回答

この件でお店から聞いたメーカーの見解は、「クルーズコントロールは高速道路だけで使う前提で、一般道は想定外。」

「一般道ではブレーキを高速より使うので、ブレーキが過熱すると判断するとこのエラーが出る仕様」だそうです。

私の実験結果

私は半年前に購入したJF3と最近購入したJF3でどちらもカスタムターボでクルーズコントロールなど全て同じなので、一般道を中心にクルーズコントロールのいじめ試験を実施しました。(「いじめ試験」って名前は何となく書きました)

ブレーキを多用する坂道や赤信号で止まる回数が多い市内中心部でのクルーズコントロールの多用してエラーをわざと出す実験です。

最近購入したJF3では購入から6000km走行中に一度もエラーがありませんし、最近のいじめ試験でもエラーは出ません。

しかし、半年前に購入したJF3では、いじめ試験の最中はエラーが出ないのですが、郊外の道路でブレーキなど使わない場面で普通にクルーズコントロールしたい場面でエラーが出ます。

どうやら、私の個体に限っては、メーカー見解の「仕様によるブレーキ過熱のエラー」では無く、完全にセンサー(下り坂を判断するセンサーがあるなら)故障だと感じます。

そもそもプロドライバーでもある私はスムーズな運転を行うので、ブレーキが過熱するような場面はありませんしねえ。

過熱する場面としては、山岳道路で下りなどが典型的ですが、そのような場所は基本行かないし、ドライブに行ってもそんな場所でクルーズコントロールを使うこともありません。

どちらかと言えば今まで使って来た場面は、高速道路か一般道でも郊外の何もない信号もない区間で、うっかりしたら速度超過しそうな場面で、安全運転のための速度を固定する場合だけ。

ブレーキ過熱要素はなかったです。

改めてメーカ質問しようかな

お店としては、この微妙なエラーではメーカーの方針を伝えるしか出来ないとは思うので、二台のN-Boxで実験した結果と合わせてメーカーに直接情報提供して、調査を依頼しようと思います。

それによって私の大好きな素晴らしい所が満載の新型N-Boxで、唯一の問題が減ってもっと素晴らしい車になったらと思います。

 

 

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です