車の音楽はApple Music

iTunesカード安売り

カーステレオ好き

私はこの業界に入る前からカーステレオが大好きでした。
学生時代は父親の車を借りて、勝手に純正カーステレオをイエローハットなどで買った社外品に買い替えてました。

昔はカセットテープから

当時のカーステレオはカセットテープが一般的でした。

音があまり良く無い上に、オートリバースの機構がいい加減なのか?
ピンチローラーやヘッドのメンテをしているカーステレオであっても、しばしばカセットテープがわかめになる惨状を見た時代です。

カセットテープはダビングして正副管理してあったとしても、ダビングで相当音質が落ちましたので、ダビングは基本してないのでテープがダメになると大ショックでした。

次の時代はCD

いつの間にかカーステレオの標準はCDになってました。これはなかなか高音質で手軽で、トランクルームにCDチェンジャーなど装備したら便利でしたが、いつの間にかiPhoneで聞く事がメインになってました。

iPhoneのiPod機能

あっという間にiPhoneのiPod機能を使って車内の音楽を楽しむようになっておりました。

この欠点は、プレイリストの変更などがカーステレオ(カーナビ)ではちゃんと出来ない点でした。

CarPlay対応で天国カーライフ

現在は仕事用にホンダのN-Boxカスタムターボ(JF3)に乗っていますが、これが運よく純正ナビがCarPlay対応でした。

早速CarPlayでiPhoneと繋いでいるの非常に便利です。

カーナビ用の発話ボタンがハンドルに純正装備されていて、そこを使って「プレイリスト 安田レイ」とか言うだけで聴きたいプレイリストが再生されます。

ついでにApple Music

車がCarPlay対応になると、複数あって迷うストリーミングサービスの中でも、Apple Musicがダントツに浮上して来ました。

と言う事で、一年ほどSpotifyとAmazon music unlimitedとApple Musicで行ったり来たり、併用したりの時間があったのですが、今後はApple Musicだけにしたいと思ってます。

年間契約したAmazonは期間満了次第、単なるプライムmusicで残して、Apple Musicだけでカーライフを満喫します。

iTunesカード安売り感謝

Apple Musicは年間1万円程度のコストなので、iTunesカードをアカウントに登録してあっても、そのタイミングで一気に減るのですが、iTunesカードは色々なところで時々安売りされます。

今回はCostcoで安売りを見つけてゲットしました。

 

iTunesカード安売り
iTunesカード安売り

Follow me!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です