スピンバイク

アマゾンで通販したバイク

ALINCO(アルインコ) NEW スピンバイク 本格的ホイール13kg 摩擦負荷無段階 静音設計 ワイドサドル負担軽減 ワイドハンドル スマホトレー ハンドル/サドル調整可 移動キャスター付き 【ブルー/イエロー】 BK1518と言う商品です。

我が人生で何度もこの手のトレーンング用バイクは購入経験がありますが、毎回選ぶのはAC100V電源で電気的に負荷を調整するタイプでした。
それは数万円のタイプから20万円クラスの商品までいろいろと買ってはやめて仙台市のリサイクルセンターに持ち込んでました。

電気を使わないバイクは初めて

今回は初めて電源を取らないシンプルなブレーキ構造のスピンバイクと言う商品にチャレンジしました。

なぜ今までスピンバイクを買った事がないか?

構造的にショボイと言う先入観があって、手動のねじ式で負荷をかけるのは許容できませんでした。
電気的に負荷を発生して、しかもコンピューター制御で負荷が自動的に変動するのが良いと思い込んでました。

オルトスポーツクラブでスピンバイク経験

ところが一年間通ったオルトスポーツクラブで、トレーナーさんが指導するバイクレッスンで使われるのは、スピンバイクタイプだったのです。
本格的なトレーニングで使うのがスピンバイクなら自宅でもこれが良いかもしれないと思いました。

ちなみに現在は三月からジムは休会して行ってません。その理由はこちらです

スポーツクラブを休会した訳

スピンバイクのメリット

  • 電源不要だからどこにでも配置可能
  • 配線が無いので家の中がゴチャゴチャしない
  • 10万円、20万円の電源式のバイクと比較すれば軽くて屋内移動が楽
  • 構造がシンプルだから長時間乗っても壊れない(らしい)
  • 音がほとんど聞こえない
  • 静音設計だから夜間二階で利用しても一階の睡眠を邪魔しない
  • 電気式の負荷と違って、振動が皆無なので本当の自転車でアスファルト路面を漕いでいる感覚に近い

スピンバイクのデメリット(私には無関係)

スピンバイクでも安価なモデルを選んだから?かも知れませんが、メーターが簡素で無くても良い感じです。
その点では20万円クラスの電気式のバイクだとトレーニング中の心拍数を取って、カロリー消費も計算して、運動量が明確になって良いのですが。。。

ところが、私はオルトに通うようになってからApple Watchユーザーでしたので、スピンバイクのメーターなど無くても構わないのでした。

Apple Watchを装着していれば、屋内バイクトレーニングのモードに設定していたら、心拍数はApple Watchが計測するので、データー管理はApple Watch任せです。

私はスピンバイク派

もうすっかりスピンバイクの虜になりました。
値段も安いので気軽に導入出来ますし、見た目もすっきりしているので、自宅にジムエリアなんて無い場合でもあまり見た目を気にしないでも大丈夫ですし、静音(ほぼ無音とも言えるほど)なので、テレビを見る時に乗っても迷惑にならない。

ちなみに私はAmazonプライムの会員なので、Amazon’s Choiceマークもあるこちらで購入しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です