マキタのクリーナー初日の印象は

ダイソン好きが使ってもマキタの吸引力は不足無しで安心しました。(ただし18Vモデルの中でもハイエンドモデルだからかも知れないので購入時にはご注意ください)

初日の投稿「マキタのクリーナーを買った初日の印象」を投稿してます

ダイソン好きがマキタ掃除機を数日使った続報

シンプル イズ ベスト!

ダイソン比較では安っぽい印象があるマキタ掃除機の作りですが、シンプルイズベストって言葉がピッタリです。
少し使い込んだ感想もマキタ買って良かったと思ってます。

ダイソンが不得意な場所に便利なマキタ

ここは防湿庫の裏側でベッドとの隙間です。
防湿庫なので電源コード類が数本ありますが、こちらダイソンで掃除する時は電動ブラシ付きのヘッドなので、すぐに絡み混んでダメです。
ならばとダイソンのヘッドを電動ではなく、隙間ブラシにすれば良いかと言えば、ダイソンで細いヘッドを付けると、その真下しか吸引しないので掃除になりません。

ところが、マキタの掃除機はノーマルヘッドが回転ブラシがないから電源ケーブルを絡み取ることもなく安心して掃除が出来ます。
しかも、シンプルなヘッドの構造が周囲のゴミまで吸引するので簡単に狭い場所が綺麗になります。

さらに、シンプル設計のマキタだと全体が軽量に取り回せるので、片手作業で狭い場所に突っ込んでもあまり苦になりません。
(しかし、女性の場合はマキタでもバッテリー最大容量を装着するとバッテリーの重さを感じると思います。マキタの最大容量のバッテリーは職人さんが現場で一日ガンガン使う電動式のドリルドライバーなどに適する大容量です)

こんな場所でケーブルを巻き込まない安心感

お気軽ですねマキタ掃除機

ダイソンを長年愛用して不満点はいくつかあります。

ダイソンの最大の不満はサイクロン部の分解不能

ダイソンはサイクロン方式が売りのモデルですが、そのサイクロンユニットは複雑な構造で分解清掃が出来ません。
ならば、せめて水洗い、つけおき洗いがしたいのですが、水洗いは禁止されてます。
あまりにも複雑な内部に水が入れば乾燥させる事ができないからです。(サポートに聞いた時の記憶ですが、10年くらい前に聞いたので今は違うかも?)

故に、何年も使っていると、サイクロンユニットの内部がカビ臭くなったのか?排気の匂いが気になってきました。
サイクロンユニットを清掃できないってことがストレスでストレスで唯一の大嫌いな部分です。

更に、サイクロンが水厳禁ですので、ゴミを吸い込む時に濡れた場所は厳禁です。
台所の掃除、観葉植物の周りの掃除では、見た目では分からない水滴が床に落ちているケースもあるので、要注意なのです。
また、高齢な両親に貸す場合にも、このような注意を伝えても、水を見逃す場合もあるし、我が家は猫がいるので、猫の為に水が床に置いてあるので、その水が溢れていることも多々あります。

サイクロンユニットを清掃できないことを考えれば、猫のトイレ砂の散らばったのを吸引することも抵抗があります。
ダイソンの最大の長所であるサイクロンですが、長年愛用している私にとって最大のストレス要因でもあります。

是非ともサイクロンユニットの水洗いが出来るようになって欲しい、またはサイクロン部も分解清掃可能になる事を熱望してます。

マキタは紙パックモデルを買った

マキタにも種類は色々あるのですが私が買ったのはお手軽な紙パックモデルです。
マキタのサイクロンは清掃簡単そうな部品なので、それでも良いのですが、ゴミを紙パック単位で投げたい。
サイクロンを付けるとマキタは後付なので、ちょっと不恰好な感じだし。

とにかく紙パックなら多少、間違えて水滴を入れてしまっても紙パックを捨てたら良いですし。
もちろん、多い水を吸ったらモーターまで達したら大変だから禁止だろうと思うけど、見落として水滴が吸引されてもダイソンよりは気にならないです。

私の従来のダイソン時代のストレスから解放されました。

マキタの紙パックモデルにも本体のみとバッテリーと充電器などセットのモデルがあるので要注意

私は本体のみで購入しました。バッテリーなどは既に持っているからです。

マキタがどんどん気に入りになって来たので、今後も、もっと追記ますので。楽しみにしてくださいね。

Followしてくれたら嬉しいです

投稿者プロフィール

momo
momo
仙台で軽運送会社を営んで20年以上。いろいろなカー用品やカメラなど趣味の物も含めて長年使って思った事を書いたりしてます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です